旅人の写真BLOG

2020 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

阿蘇

2006/02/19(Sun) 23:49
阿蘇方面にはよく行きました
この頃は作品狙いが主で切り取りばかりでした
いいと思っても作品になるかならないかで撮影したりしなかったり
もったいないことをしました
感じて撮る・・感じたことを十分伝える撮り方をする
って思ってるのですが・・現実は厳しく

DSCN0015-1.jpg

朝の光で外輪山から根子岳を撮影

DSCN0106.jpg

上の写真の反対側から撮影

DSCN0047.jpg

DSCN0055.jpg

この日はなんとか焼けてくれました
阿蘇まで行ってシャッター押さずに帰ってくることもしばしばありました

DSCN0014-1.jpg

黒いところは杉の林です雪が溶けずに残ってくれてたらよりいいものに
スポンサーサイト



未分類 コメント:6 トラックバック:0
コメント:
----

根子岳ですか。
九州にもこんなに鋭く険しい岩峰群があったのですね。全然知りませんでした。
阿蘇というと広大でゆるやかな山々のイメージしかなかったものですから・・・

最後のカットがとにかく好きです。
下っていく稜線を手前に配されると、ついついそこを下っていく錯覚にとらわれます。
いいフレーミングですね。

実にいいです・・・
by: P * 2006/02/20 19:31 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは--

Pさんのお目にかないましたか
どうもこういう大きな風景と言うのは苦手でいつもどう撮ろうか迷います
阿蘇5岳のひとつです
3年ほど前早朝より登りましたが・・5、6m視界、日が差すわけでもなく撤収
道は分かりやすく助かりました
ほんの一瞬ガスが晴れて自分のたってるとこが絶壁の細道・・しばし動けませんでした

今日のnoteは安心して・・はるちゃんとくろちゃんかわいい
by: tabito * 2006/02/20 22:39 * URL [ 編集] | page top↑
--根子岳--

偶然ですがこの間画家の先生からいただいたんですよ
beruは行ったことないけど親しみを感じます(笑)
山の景色って大好きなんですが出不精なもんでなかなか遠出をしません
一度写してみたい景色です♪
2枚目が大好きです(^^ゞ
by: beru * 2006/02/20 22:57 * URL [ 編集] | page top↑
--今晩は--

熊本は福岡より南にあるので、暖かいところというイメージが私には強くあって、阿蘇山にこんなに雪が降るとは知りませんでした。

毎年阿蘇山には雪が積もるのですか?

私も二枚目が好きです。

↓で4kgものカキをどういう料理で頂いたの?
この季節は子どもの頃からよく土手鍋で頂いたのですが・・・・
by: 弘子 * 2006/02/20 23:23 * URL [ 編集] | page top↑
--それはそれは・・--

・・きっと南東方向(高森)から見た絵ではないでしょうか
そちら方向からの絵や写真が多いです

beruさん、こんばんは
2枚目が気に入ってくださいましたか・・ありがとうございます
1枚目は北から、2枚目は南から・・この雪の時期、チェーンは必需品
2枚目のとこにいこうと思えばスコップもいります
吹き溜まりのため2度ほどスタック・・携帯用のエンピでえっこら雪かき
九州人には雪景はめずらしいから楽しめますよ
by: tabito * 2006/02/20 23:33 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは・・--

姉様も2枚目ですか・・ありがとうございます
コンデジで撮ったわりには雪の感じがよくでてるでしょ
2枚目の場所に行くのに吹き溜まりでは腹がつかえて雪かきしながら進むんですよ
阿蘇、久住はかなり積もってます・・楽しめますよ

牡蠣は殻のまま炭火で焼いてそのままたべます・・うまいですよ~
土手なべもおいしいですよね~・・食べたくなってきました
by: tabito * 2006/02/20 23:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://tabitophoto.blog48.fc2.com/tb.php/18-c7c7ebc4
Next Home  Prev

プロフィール

旅人

Author:旅人
著作権は放棄しおりません

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク